新橋の金の羊でジンギスカンを食べた後、1人で1杯だけ飲みたくなりいつものランドバーへ行くことに。

カウンターで1席だけ空いていたので座って何ももうか思案してると、何も言わずにこれが目の前に置かれる。

私がラガヴーリン好きなのをわかってくれているのでできることで、しかも8年はまだ飲んだことがない。

となると、迷わずこれをお願いしますよね。。。

20170201214405.jpg

グルメmasa九州:856店目の紹介。
20170201203817.jpg東京の某クライアントの案件で、一緒に関わっていた他社の方が転職されたということで情報交換も兼ねて一緒に飲みに行くことに。

今回利用したのは、東京・新橋にあるジンギスカンのお店「金の羊」。
20170201203821.jpg福岡にいるとなかなかジンギスカン食べる機会ないので、ひっさしぶりに食べたましたがこの「金の羊」かなり有名なお店らしくほんとうまいです。臭みがなく肉も柔らかく最高です。

20170131214617.jpg仕事とは全く関係のないご近所さんとの飲み会で、1年間積立てしていたものを福岡ハイアットにあるステーキの店「ウルフギャング・ステーキハウス」で使うことに。

20170128185738.jpg前回このウルフギャングに来たときは職場のメンバーでアラカルトで頼んだのですが、今回は「パーティーメニュー」で頂く。

20170128193811.jpg

20170121182733.jpg息子と1日デート、お昼は唐津でハンバーグ食べて、映画を見て、夕食に利用したのは福岡・小郡にある日田焼きそば のお店「想夫恋」。

娘は焼きそばが嫌いなので家族みんなでくることはないのですが、息子からのリクエストでここの焼きそばが食べたいということで映画を見終わった帰りがけに行くことに。

相変わらずの安定の旨さ。なんど食べても空きないんですよね〜

日田焼きそばの「想夫恋」おすすめです。

20170121120118.jpg土曜日に9才の息子と二人で一日デート。

お昼に何食べたいか?と聞いたら「ステーキ」とのこと。

たまには佐賀まで遠出して佐賀牛でも食べに連れて行くことに。唐津にとあるお店に連れて行きたかったのですが、たまたまその日は休日という残念な結果に。。。

20170121121332.jpgで、同じ佐賀・唐津にある佐賀牛のステーキを出してくれるお店「なかむら」へ行くことに。

20170116211143.jpg会社のスタッフの送別会で今回利用したのは福岡・渡辺通にあるお店焼き鳥のお店「六三四」。2014年6月に利用した以来なので2年半ぶりです。

20170116205936.jpg今回退職するスタッフは、10年ぐらい前に私が面接して採用して以来なので、かなり付き合いの長いスタッフ。私も別部署に異動したり、そのスタッフも別部署に異動したりで同じ会社にいながら一緒に仕事する機会がほぼなくなってました。

そんななか、退職の話を聞きメインの送別会のときにはタイミング合わず参加できなかったのですが、また送別会をするということで今度こそ参加させていただきました。

Tさん、次の職場でも頑張ってくださいね。

ワイン「野の」福岡・中洲

20170112211638.jpgクライアントとの二次会で利用したのが福岡・中洲にあるワインバー「野の」。

20170112221220.jpg

20170112193036.jpgクライアントとの会食で今回利用したのは、福岡・西中洲にあるもつ鍋のお店、慶州。

12月も利用したばかりでしたが、私以外のメンバーが全くかぶってなくしかも今回「もつ鍋」が食べたいというオーダーだったので、コスパがいい「慶州」をまた利用することに。
20170112193045.jpg

20170121182733.jpg息子と1日デート、お昼は唐津でハンバーグ食べて、映画を見て、夕食に利用したのは福岡・小郡にある日田焼きそば のお店「想夫恋」。

娘は焼きそばが嫌いなので家族みんなでくることはないのですが、息子からのリクエストでここの焼きそばが食べたいということで映画を見終わった帰りがけに行くことに。

相変わらずの安定の旨さ。なんど食べても空きないんですよね〜

日田焼きそばの「想夫恋」おすすめです。20170121182733.jpg

クライアントの新年会が終わり、ホテル帰る途中に新橋を通ったので新年の挨拶も兼ねてランドバーへ行くことに。

いつもハイボールが最初の1杯目は多いのですが、いままだ頼んだことのない飲み方の「ウイスキー水割り」をお願いする。

水割りで出していただいたのがこのウイスキー「ウシュクベ リザーブ」。
20170110205327.jpg初めて見ましたが、これ水割りだとサラサラと飲めてうまし!

20170110205426.jpg
「ウシュクベ リザーブ」気になって調べてみました。

ウシュクベー リザーブを構成する原酒は、モルトウイスキーが60%、グレーンウイスキーが40%というリッチな構成。

そして熟成年数も、10年~18年熟成の25種類以上の原酒を合わせ、更にその後、シェリー樽で最低6か月の後熟が行われます。

一般的な銘柄のブレンデッドウイスキーよりもかなり深い味わいでリッチに仕上がる内容です。
参照サイト:http://whisky315.com/usquaebach-reserve/

とのこと。普段ブレンデット飲まないですが、こういうバーだからこそ出会える素敵なウイスキーでした。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。